株式会社コスモスバス

トップページ > 個人情報の保護に関する法律に基づく公表事項

個人情報の保護に関する法律に基づく公表事項

個人情報の保護に関する法律(以下、法と略す)に基づき、以下のとおり公表いたします。


1.個人情報取扱事業者の名称
株式会社コスモスバス

2.個人情報の利用目的
(1)(法第18条第2項)
書面に記載された個人情報をお客様から直接取得する場合は、その都度、利用目的をご説明いたします。


(2)(法第18条第1項)
(1)以外の場合や、間接的に取得する場合は、公表する利用目的の範囲内といたします。


(3)例外(法第18条第4項)
一 利用目的を本人に通知し、または公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
二 利用目的を本人に通知し、または公表することにより当該個人情報取扱事業者の権利または正当な利益を害するおそれがある場合
三 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
四 取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合


(4)当社の個人データの利用目的(法第27条)
 一 お客様と契約を締結し履行するため
 二 お客様との契約を履行する際に連絡をとるため(配送業者なども含む)
 三 アンケート調査の実施や統計資料等を作成するため
 四 景品や粗品、当社のサービス案内を発送するため(配送業者なども含む)
 五 市場調査や経営マネジメントにかかる分析等のため
 六 事故等の報告や処理に関する連絡のため
 七 お客様からの苦情や要望などに対応し、業務改善に活かすため
 八 取引先と契約を締結し履行するため
3.個人情報の第三者に対する開示について(法第23条)
 当社は、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、次の場合を除きます。
 ・法令に基づく場合
 ・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
 ・公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
 ・国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
4.開示等の請求に関する手続き(法第32条)
(1)開示等のご請求に関しては、対象となる保有個人データを特定していただきますようお願いいたします。また、開示申請書をご利用ください。なお、次のような場合は開示の対象となりませんのでご注意ください。
・申請書の内容に不備がある場合
・開示申請書の記載内容と本人確認のための書類の内容、そして当社保有の情報が一致しないなど、本人確認ができない場合
・代理権のない代理人による請求
・求められた開示内容が保有個人データに該当しない場合
・本人や第三者の生命、身体、財産、その他の権利や利益を害する恐れがある場合
・法令違反になる場合
・当社に開示権限がない情報
・6か月以内に消去される予定の情報
※訂正や削除は、事実と異なる事由が判明した場合に対応させていただきます。
※お申し出によって、ご要望に合ったサービスを提供できなくなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
(2)開示の対象となるデータは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、年齢、性別等です。
(3)請求先
 開示等を請求される方は、下記窓口までお問い合わせください。なお、1回の申請ごとに500円分の開示手数料が必要となります。
 <開示等受付窓口>
 〒270-1471 千葉県船橋市小室町3006番地
 株式会社コスモスバス 個人情報開示担当者 宛
(4)回答方法は、申請書に記載された住所宛、書面で行います。なお、書類を送付する際の郵便事故や未着、不達等については、当社は責任を負いません。
(5)開示等の求めの際に得た個人情報は、開示等に必要な範囲内で利用するとともに、回答が終了した後、書類一式を破棄いたします。